አማርኛ

2018/10/14

第一章
挨拶


他のアフリカ諸国に見られるようにエチオピアにおいて挨には握伴うの一般的で、軽く頭下げなが握手する。もし帽子をかぶっている場合は、片手で帽子を上げるか、脱ぐことも相手に敬意を払うには重要。エチオピアにおいて、通常人々は挨拶に長い時間をかける。誰からか挨拶をされながら、それに対して十分に答えないことは大変に失礼に当たる。

 

挨拶のたびごとに使われる、大きく分けて二つの形式がある。初めてあった人、あまり親しくない人との挨拶に使われる形式的な表現と、親しくなった間柄でかわす略式の表現。

 

☆形式的な表現☆

1.こんにちは。<タナ:イスタリン?> 問いに対しての返事は同様に <タナ:イスタリン::> 人によっては相手の名前を加える。必ず相手の名前を言わなければならないものでもない。返事を同様に繰り返す中に、「それであなたは?」の意味は含まれていると考えられる。

<タナ:イスタリン::> を直訳すると、「私に免じて(私が願ったので)神様があなたに健康をお授けくださいますように」といった内容であるが、あえて直訳にとらわれすに「こんにちは」あるいは「お元気ですか」という言葉をあてます。また、他の朝や夜の挨拶の判事に必ずといって使われる<イグジアビヘル:イマスガン::>に対しては「神様に感謝します」といった内容で、あえて「お陰様で」とあてます。ニュアンスとしては近いと思うからです。

2.こんにちは。<サラム:ノウ?>の問いに対しての返事は同様に<サラム:ノウ::> サラムは「平和」の意味であり 。<タナ:イスタリン?> の挨拶よりは相手との距離は近い挨拶に感じられる。<サラム:ノウ?>または<サラム>単独でも軽い挨拶にはなるが、相手の名前を加えて使用したほうがより良いと思われる。

 

☆略式の挨拶☆

3.元気?<タディヤス?> 元気。<アレン::> 親しい友人同士で交わされる挨拶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

October 14, 2018

Please reload

Please reload

Please reload